FC2ブログ

朝やかな朝をむか えて ・・・☆☆☆

  • 2019/10/31(木) 02:33:05

きょうは、朝から、太陽が のぼる前から 鳥たちが チュリチュリチーチュリュルルと合唱するぐらいの ごきげんな 晴れ。

人間は、晴れだからって、鳥ほど ごきげんになることはない。

せいぜい、自分の夢がかなったり、サプライズで求めていたものをプレゼントされたり、長年悩まされてきたことが すばらしい解決をむかえられたとき、ごきげんになるぐらいである。

だが、鳥たちにとっての きょうのような、前日の雨で、動きに動けず、腹ペコで一昼夜をすごし、

雨の次に、晴れなら、エサとなる昆虫たちも、腹ペコで出てくるため、

鳥たちのごきげん度は、生きるか、死ぬかの死活問題に直結するため、そのごきげん数値は、人間が、10年生きる分の食事を得るか、得ないかに匹敵するため、人間ごときでは計り知れない。

庭の梅の木に、止まっている鳥は、メジロだったが、

そのメジロの動きを、ブック塀の上に止まっているスズメが、じーと、見ていた。

それをみて、オレも、ごきげんをおすそわけしてもらい、

愛する単車のゼファのエンジンをかけ、

鳥のように風を切りにいった。


ごきげんを、漢字で書くと「ご機嫌」となるが、とりつくろわれた機会を嫌うことで訪れる、自然の流れに応じた機会に巡りあうことで、ごきげん となる。  ・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ メジロ(2回目)   吉鳥ことば・・・ ごきげん