FC2ブログ

あらためて、3月 は、別れの月でも あったと感じる日 となった ☆☆☆

  • 2018/03/31(土) 03:24:08

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、4年間 東京で学び 

明日 故郷に帰るので、

どうしても、あきひろさんに お礼をいいたいというので、

I希と始めて会った、原宿で、落ち合った。

あらためて、3月は、別れの季節でもあったのを思い出した。

I希は、育ちがいいのか、
始めて会ったときから、常に このヤカラなおっさんに、礼儀正しいのである(笑)。

「おまえ、最初から、その礼儀正しさは変わらのぅ。まぁ、田舎帰って勤め出しても それは、おまえの武器やから、先輩や上司には、
困らんやろうけど、同僚や、後輩ができたら困るやろな」というと、

メモ用紙をサッと出して、メモをしたので、

「あほか、そんなことメモるなぁ(笑)」

「いや、でも、きょうは、あきひろさんと会えましたら、みんなメモを取ろうと思っていたので、お許しください」

「カタい、カタい、I希ぃ、おまえ、ほな、これメモしとけ。

表情も、言葉づかいも、持ち前の礼儀正しさも、考え方も、一つのこたえの解釈も、気持ちや心も、
人生、つねに、やわらかく、ナチュラルにって」

「ハイ。すごいです。これからの僕に、ピッタリの人生訓をいただきありがとうございます。この4年、何度も、僕のピンチを あきひろさんには、
お救いいただいたのに、最後の最後に、人生訓まで、頂戴し、
これ以上のお礼をなんと申し上げさせていただければいいのか、
今の若輩者の僕ではわかりません。お許しください」

「そのお許しください、何回いうねん。許さへんって言うても、また、言うてるやないけ(笑)。そうやって、おまえ、その礼儀正しさつかって、できんものはできませんって抵抗しながら、
新たなステージで、自分の居場所つくるねんで」
 
「はい。あきひろさんに、抵抗する気はまったくないので、
その点だけは、ご理解くださり、重ねて、お許しくださいますように」

「わかった、わかった。あっ、ほんで、息子離れができん、母ちゃんに、よろしゅうなぁ。また、むちゃくちゃ邪気溜めてるやろから、邪気祓いやすいように、オレが行くまで、トイレそうじきっちりやっとくようにって」

「ははは。わかりました。きっちり、伝えさせていただきす」

「ほな、今度は、向こうで会おうぜ」

「ぜひ、お待ちしております。必ず、連絡してください、あきひろさん」

「4年間、辞めずに、ようふんばった。次のステージでも、ふんばれよ、I希」

「はい。この前、みた、ブログの意味は、こういう意味だったんですね」

「今ごろ、わかったんか。まぁ、風邪ひかんように」

「はい。ワンピースのサンジの別れのシーンみたいですね。
ぼくもじゃあ、やわらかく、
「あきひろさん、クソお世話になりました」(泣)」

「ほい、ほい」


ほんまに、I希、やわらかく、人生渡ってくねんで☆☆☆


良き 別れに、訓えを添えて ・・・(^-^)♪ 


90日目の名言は 
   
   礼儀というものは、しばしば微笑みや しとやかなあいさつを
   引きよせて、
   すべてを 変化させるものである。

   ☆礼儀作法がわかっていると、微笑むにしろ、
    慎み深いあいさつにしろ、落ちついた振る舞いによって
    お互いの心や体内をリラックスさせてもらえる。
    体内の視点からいえば、心臓や肺など五臓六腑を
    おだやかにすることは 心に影響をあたえるので
    礼儀作法がわかっている人は姿勢が良いのである。

     
 Good Luck (^o^)/