FC2ブログ

若い衆と、さくらの花の 下、夢を語り合う ☆☆☆

  • 2018/03/29(木) 04:26:04

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょう、この春から、大学に通う若者や、
すでに、都内に来て2年目、3年目、 4年目を向かえる、
若者たちといて、

その若者たちから、
「あきちゃんは、オレがあった小6のときから、ずっと若い!」とか、

「あきちゃんに会うと、いつも思うのが、わたしのお父さんの方が まだ46やのに、老けてるなって思う」とか、

若者から、お世辞入りの「若者あつかい」された(笑)。

当然、「なめてんのか」を連発。

なかには、「走ってこい!」と、走らせたやつもいた。

でも、若い衆から、「あきちゃん、3月 29日に会えませんか」って
53のおっさをが、誘ってもらえるだけでも ありがたい◎◎◎

集まった若い衆は、総勢28名(男15名女13名)だが、
見事に、みな通う大学、専門学校が違った(笑)。

それぞれの夢を語ってもらった。

「医者になって、この世からガンを、インフルエンザの予防注射のようなレベルで治したい」

「オリンピック選手になり金を取りたい」

「あきちゃんみたいに、世の中から魔物退治したい(笑)」

「どんな魔物にわたしがなろうと、死ぬまで、わたしを愛しつづけてくれる人と結婚して ずっと幸せにくらしたい」((走ってこい(笑)))

「大女優になって、アカデミーで主演女優賞を取りたいです」(腕立て30回!(笑))

などなど、若い衆らしい夢を宣誓してくれた。

最後に、この春からT医大の4回生になるK次郎が、

「あきちゃんの夢は?」と聞いてきたので、

「未来の子どもたちに、将来のなりたい職業はなに?と、聞いたとき、
その職業の1位に、ブックドクターがくること」と言ったら、

「あきちゃんらしい☆☆☆」と、みんなうなづいたので、

「うそうそ。ほんまは、25才~29才のおっ◯いだらけの中で
言魂飛ばすこと」って言うたら、

「がはは。そっちの方があきちゃんらしいなぁ」と言ったやつがいて、
みんな「うんうん」と深くうなづいたので、

「全員オレがヤメっていうまで走ってこい!」

「ええーっ!」

みな、文句言いながらも走りにいったとさ。


若い衆からの誘いは、良き メンタルリフシッシュとなる ・・・(^-^)♪ 


88日目の名言は 
   
   青春とは何か。 夢だ。    
   憧れとは何か。 夢の内容だ。
                 セーレン・キルケゴール  
   ☆憧れを織り込み夢を見ることができ、その夢に
    邁進できるのは、若者の特権である。
    そして、夢を持ちつづけられることは、
    メンタルの若々しさを保つ。
    老いると、「夢に憧れて邁進した過去」への気持ちを抱く。
    過去を懐かしみ、その時代に憧れを持つことは
    夢に憧れることとは、ハッキリ異なるのだが、
    これが老いの証となる。

     
 Good Luck (^o^)/