FC2ブログ

人生は、知らないことだらけ。 でも、過去に、ちょっと知ってい ただけで、予期せぬときに、その 場で役に立つことが起きる☆☆☆

  • 2018/02/26(月) 05:43:07

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人の道は、
いろんなことを知らなくても、生きられるように神様がしてくれているんだと思う。

好きなことには、知らないことはないほど詳しいのに、その他のことには、まったく知らないことだらけの人もいたり、

いろんなことを知ってる人でも、また、知らないことがたくさんあったり、

知らなかったために 余計なことに巻き込まれずにすんだり、

知らずに、そこに行ったら、偶然、そのイベントがやっていて、
俳優の◯◯さんに、握手してもらったとか、

知らなかったことが、ラッキーにつながることがある。

反対に、知っていたために、手をあげたら、アンラッキーで、
任命されたり、巻き込まれたりすることもある。

知る、知らないには、程度が生じるため、これらの程度であればさほど、人生の痛手にはならず、
どちらも、いい経験をさせてもらえたといえる程度であろう。

しかし、人生の中では、たまに、あのとき、ちょっと耳に挟む程度だったが、ほんと、これを知っておいて良かったと思うことや、

あのとき、救急の講習に誘ってもらったのになぁ、いっときゃ良かった、でも、今となっては もぅ間に合わない、まったく、わからない。
ちょっとでも、知ってりゃ、なんとかなるかもしれなかったのに、ということが起きる。

そんなことも、「人生死ぬまで勉強」というが、
きょう、ほんのちょっとだけ、知ってて良かったぁ、
ほんとに、良かった!と思うことが起きた。

みなさんも、ちょっと、それ、知っておこうかなと、
思う気持ちをもって、知っておくことを、一つでも、
一生の中で、増やそうとしてみてはいかがでしょう。


良き 好奇心を ・・・(^-^)♪


57日目の名言は 
   
   「知らない」というのは ほんとは、
   「知りたくない」ということなのだ。
   「知らない」という裏にあるのは、責任回避なのです。
                       V・E・フランクル     

   ☆義務で、知っていなければならないこと以外は、率先して
    知ろうとしない限り「知らない」でいる自由がある。
    「知らない」でいることは、責任回避の方法でもある。
    だが、「知らない」で、通らないことが人生で起きたとき、
    「知っておけば良かった」と、
    今からではどうしようもない、後悔をすることになる。
                       

 Good Luck (^a^)/