FC2ブログ

子どもは、親の都合 の良さにつきあって くれる優しさをもっ ている??????☆

  • 2017/09/29(金) 03:36:04

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうの天気は、雨。

午前中 調布、昼から 吉祥寺、夕方に 四谷と電車で移動。

四谷3丁目をカサもささず歩いていたとき、ぼくの前を

小学2,3年生ぐらいの娘さんがカサをさし、
となりのお母さんは、カサを手に持って歩いていた。

そのとき娘さんの声が聞こえてきた。
「ねぇママ カサささないとカゼひくよ」

「これぐらいの雨なら、カゼひかない」

「でも、いつも、わたしには、カゼひくからちゃんとカサさして、カッパ着なさいっていうじゃん」

「そうねぇ、でも、ママは自分がカゼひくか、ひかないが、わかる大人たから、今ぐらいの雨ならひかない!」

「でも、ひいたら、どうするの?」

「そのときは、ママ独特の方法で治すわ」

「じゃあ わたしがひいたときにも、その方法で治してよ」

「それは、まだ子どもの体の◯◯ちゃんには無理よ。高校ぐらいになったらね」

「また それー、いつも子どもは無理って」

「しかたないわよ、◯◯ちゃん、子どもなんだもん」

「カサさして、カッパ着ててカゼひいたら、じゃあ その方法で治してみてよ」

「ダメ、そのときは、病院にいってちゃんとお医者さんに診てもらって薬もらって治してもらう」

「それも、子どもだから?」

「そうよぉ」

「なんか、ママ それって都合よくない?」

「さっ、着いた。じゃあ 終わったら連絡しなさいね」と言って、ママはさっさと、折り返して、そのままカサもささず歩き去っていった。

女の子は、コクンとうなづいたあと、
ビルの奥にある◆◆◆ルームと書いてあるところに入っていった。

塾みたいな学童みたいなところだろう。

すぐに、他の学校帰りっぽい子どもも数名入っていった。

おっさんは、そのビルの隣の隣のビルに用があったので、ちょうどよかった(笑)。

まだ、予定時間まで時間があったので雨宿りがてら、◆◆◆ルームにどんな子どもが入っていくのか見ていた。

すると、さっきの女の子が友達の女の子と廊下に出てきて、カッパがひっかかっていたのだろう、脱がしてもらった。

そして、女の子がいった。

「ありがとう。ママが 着なさいっていうから、つきあってあげてたから」
「わかる、わかる。ママたちって自分たち着ないのに、うるさいもんね」
「うん、わたしたち、こんなの着なくたってカゼひかないのにね」
「ひくわけないじゃん。むしろ、カッパのせいで暑くて汗かいて、カゼひくことの方が多いっつーの」
「だね」
「うん。いこ」
と言って、また部屋に入っていった。

おっさんも、心の中で「だね」と思った。

わかってて、子どもたちはお母さんに つき合う優しさをもっているが、
はたして、お母さんたちは、我が子に わかっててつき合ってあげる優しさを、どれだけ、示してあげられるでしょう。

この季節の変わり目にお母さんが カゼひいたとき、
我が子にまでカゼをうつして、
カゼに、つき合わせることは、
母としてなきようにしてあげてくださいね???????◎


それでは (^ъ^)♪ 

きょう9月29日の花は りんご 

花ことばは 名声



Good luck (^?^)?