☆子どもたちは、わからないことを楽しめる.大人は、わからないことを恐がる・・・♪

  • 2016/08/31(水) 03:03:06

☆夏休みも きょうが最後。

子どもたちと しゃべっていると むちゃくちゃ学べる。

子どもたちといっても
1年生男の子1人女の子1人、
2年生男の子2人、女の子1人、
3年生男の子3人、
4年生男の子1人、女の子3人、
5年生男の子3人、女の子4人
6年生男の子6人、女の子4人の
29人の小学生の子たちである。

子どもたちに 夏休みの宿題をやったか聞くと

みんな終わっていた。

なにが 夏休みの最後に残ったか聞くと

普段の宿題より
夏休みの宿題の方が いろいろあっておもしろいっていった子がいた◎

他には
わからないことがあるのが おもしろいといった子もいた。

それらを聞いたとき思った。

大人は わからないことを嫌がったり

わからないことを学ぶのを苦に思ったり

人前で、わからないということを、恐がったり

わからないことを 楽しめる感覚を 失ってしまっていると・・・♪

あの子たちには

大人だって わからないことだらけやから

大人に なにか聞いて わからなくても 許してあげてほしいと告げたら

わかってる といったので

そこを わかってくれてるなら

みんなの方が
そこらへんの大人より大人やぁっていったら

うん といってた◎

子どもたちは わからないことを恐がらない点で

知ったかぶりの大人より
多くを学ぶ才能がある。

おっさんは また一つ、子どもたちから ご教授してもらえた。

それでは(^O^)♪