☆桜満開♪また この季節を 自然は ちゃんと 授けてくださった・・・◎

  • 2015/03/31(火) 03:53:01

☆江戸に 桜満開のおふれがでた。


自然は、ほんとに偉大である。

今年も 自然は われわれ人間に 約束などしなくても

ちゃんと、桜をつれて春を起こしてくれた。

なにかと約束事で、社会を築いてきた、
われわれ人間には、

「約束などしなくとも、待ってましたと思われることを起こす」など、

なかなかできぬことである。

人間は、人間社会がより便利になるために頭をつかい、
文明を編み出してきた。

その高度な文明を編み出したことで

ときおり おごりが生まれ
自然を忘れ おろそかにしてしまう。

自然は、人間に忘れられようと

たんたんと、
春を起こしながら、夏の準備をし、
夏を起こしながら、秋の準備をしをくりかえし、
春、夏、秋、冬を起こす。

これを人が生まれてくる前から
自然は、数億年くりかえしてきた。

ヤマトの民でいえば、
つい100年前まで、
自然への畏敬の念を捧げ

世界に類をみない、自然から、ワビ サビを感じ
暮らしの中に、うまく自然を取り入れ

自然と調和できる、
ジャパンネイティブだった。

だが、ここ20年、
急速な超高度文明社会になったころから、
一般の方々は、自然の恩恵を忘れても、
なんら困ることなく、くらしが成り立つようになった。

それでも、ときおり、
人間が あまりにも目にあまる自然破壊を やらかすと

自然は、大災害を起こし

人間をいましめるのだが・・・。

どんな時代の流れの中でも、

自然は

約束などしなくても、
ちゃんと、桜を連れて
春を起こしてくれている。

この桜、

どうも ジャパンネイティビアンのDNAを
深く刻まれ継承されたのか

普段、時間に追われ、自然ばなれしている現代日本人にも

桜を見ると

なぜか 風靡なものを感じる感覚が芽吹く。

そんな感覚が芽吹く親の世代が世にあるうちに

この春休み、

ぜひ、我が子を連れて

花見に でかけてほしいものである。

そうすれば まだ しばらく

我が子が 大人になっても

四季が移る中で

この桜の季節だけでも

自然を感じいる感覚が

未来の日本人に継承されることだろう・・・♪


おっさんは 今から

好きな絵本、
この次期にぴったりの純文学の本、
缶コーヒー、
灰皿と たばこを持って

月夜に夜桜と 洒落こませていただくとするかな。

今宵は、月光浴をしながら、
夜桜を愛で、
自然に溶けこませていただき
本の世界を漂えそうじゃわぃ・・・ルン♪

それでは(^O^)☆☆☆