FC2ブログ

☆心うるわしドラマは、その人の心のこもった一言で、起きること多し◎

  • 2014/05/31(土) 11:52:03

熊本は 阿蘇。

もう少し 峠を 東にいけば

神話の町 宮崎県は高千穂である。


阿蘇山の周りを車で流していると

道のわきに

ペンキで
ここ→〇〇湯
と書いてある手づくり看板を ところどころ目にする。

その中に秘湯の感じがするものがあると、思わずハンドルを切りたくなる(笑)。

だれもいない秘湯につかり、旅を振り返るのは、大好きである◎

ゆげに いろんなシーンが見える。

このおっさんの場合、

そこに浮かぶシーンが
脳内で絵本調に収められ

1ページづつめくるようになる。

毎ページ、思い出し笑いになることが多い(笑)。

そんなことを思いながら 目的地まで

愛車を走らせている。

次は どんなドラマがまっているのかなぁ。

きのうも、うれしい報告をいただいた。

「2年前の保護者のとき、あきひろ先生から、

そんなもん、たった 一言 母として、
いつも、こんなわたしみたいな母親の息子でいてくれて、ありがとうって 言うたら終まいやぁ、ただし 心こめて言うんだぞって 言われて、その週に あの子の誕生日だったんで ちょっと恥ずかしくて でも もじもじしながら 勇気出して、ちゃんと心をこめて 言ったんです、ありがとうって息子に。それから ちょっとして変わりました。4年ちょっと家にいた子が 外にでたんです。今では 親戚の紹介で、システムキッチンの会社で 働いています。先生、ほんとに ありがとう ございました、と。

ほとんどの母親、父親は
頭のどこかに、どうしてちゃんと育ててあげてやったのに、と

我が子が、引きこもっても
なんで、こうなったんだ まぁ 多少怒ることはあったけど 引きこもらせるために 怒ってきたわけじゃない と。

この親の思考性が 我が子のメンタルを どんどん虫歯のように イイ心の歯を 食うのである。

気がつけば 我が子の心の歯は 虫歯だからけで ボロボロのため

世の中で起きることを
噛み砕けず 丸呑みするしか できなくなる。


でも まぁ、良かった良かった◎

さおりちゃん、これからも
母親は どじょう精神で(グッド・スマイル)

さぁ、次の地へ エンジンスタート(^O^)♪