☆ちょっとしたことで、悩むクセを、つけないようにするのも子育てのうち♪

  • 2013/01/29(火) 00:47:12

我が子の前で

母親が、ちょっとしたことで悩む背中姿を見せていると

我が子は、小学校の低学年のうちから

悩みグセがついたかのように

うまくいかないことに出くわすたびに

ふさぎこむ。

ふさぎこんだ雰囲気は、くらいもの。

そんな雰囲気をしょっ中出す子に

声をかけたり

友達がたくさんできる想像は、しにくい。

家の中の 母親が

「悩んでもしかたない!あかるくいこー◎」という姿を見せていたら、

我が子に与える影響は、ずいぶんちがうものを・・・


こんなとき、かのシェイクスピアの言葉を思い出す。


人は心が愉快であれば終日歩んでも うむことはないが、
心に憂いがあれば、

わすか一里でも うむ。

人生の行路も これと同様で、
人は常に明るく愉快な心をもって

人生の行路を歩まねばならぬ。



ひとつの訓えを
妙に感じる言葉である。


それでは(^O^)☆