FC2ブログ

☆北海道は千歳の北陽高校⇒占冠⇒門別♪

  • 2012/06/30(土) 06:19:03

☆ ☆ ☆




朝方の空気がすんだ道を愛車トゥデイちゃんで流していると

あざやかな羊蹄山が、お出迎え。
早速、心の中でごあいさつ。

「おはようございます。
きょうも、よろしくお願いいたします」


am9時ごろ、待ち合わせ先の長都(おさつ)駅に到着。

しばらくすると、なんと
北陽高校の校長先生こと林先生が迎えにきてくれた。

林先生とのご縁は網走の高校での1夜である(笑)。

そのご縁が林先生が北陽高校に移動し

AM11時から 1学年のみなさんに おはなしさせてもらえる運びとなった。

前に立って僕の高校1年のころを思い出した。

花の高校時代に いろんなおもろい思い出が生まれた。

この高校時期に
一生の宝物となる 親友を 見つけてほしい!と願いを込め
言魂を 飛ばさせていただいた。

クラスで出来た友達、

クラブ活動で出来た友達、

友達の友達で出来た友達、

家の方向が同じで出来た友達、

勉強が出来なくて、補習を一緒に受けたことがきっかけで出来た友達、

担任に 一緒に呼び出され、怒鳴られたことがきっかけで出来た友達など、

ひょんなことの縁で

友と巡り会う。

その友が 一生の宝友(ほうゆう)となろうとは 露のしずくにも 思わずに・・・・・

世に出ると それはそれはいろんなドラマが起きる。

起きたことが 感動することならいい、

だが 辛いこと 深い悩みに陥るようなことだと

一人では 抱えきれない。

そんなとき 親友がいてくれると

短かくとも、お互いを良く知るものにこそしか書けぬメールの一文に救われたりする。

そんな親友が授かりやすいのが 高校時代。

これからの高校生活で ぜひとも 宝物となる友達を見つけてほしい!

と そこは特にアツく 言魂を飛ばさせていただいた。

最後に 司会役をしてくれた先生が
「あきひろさんを お礼もこめ、みんなの拍手で会場からお送りしましょう」と言われたとき

今まで散々したらあかんと言われてる悪さばかりしてた僕が
そんな拍手で送ってもらうなど、
ほんまに照れくさい、と思ったので
「あっ、それは照れくさいのでいいです」と言ったのに

ここの1年生のみなさんは

なんと僕と林校長先生が 会場を出るまで

ずっと拍手で送ってくれた。

背中ごしに、拍手がささり

おっさん めっちゃ、うれしかったっす☆


僕が 17ちゃいのとき
まさか30年後、

北海道の地で 花の高校生に、おはなしをし
その帰りに 拍手で 送られるなど夢にも思っていなかった。

こんな僕みたいな、脳天気さしか持ってへん生き方でも、
夢にも思ってなかった うれしことが
林先生の縁しかり
みんなの拍手しかりで起きるから

みんなの人生なら

未来には
それはそれは 僕の何百倍も うれしいことが 起きると、マジで思う。

みんな きょうは このおっさんのおはなしを聞いてくだり ありがとうございました。

そして 林先生、池田先生、五十川先生、女満別の縁での富永先生、このおっさんのお世話をしていただき ありがとうございました。

みなさんの 未来(あした)に 幸多かれ☆

次に、占冠(しむかっぷ)の きよちゃん
これからは母として
「心は わが子に 三分、自分に五分、縁の巡りに二分」で、
それぞれの幸せを感じながら、
わが子に、いつも三分は、心を寄せてあげてくださいね(笑)。

最後に、門別の ひさし、
まずは 生活の中の小さな幸せを拾ってくんやで(笑)。

気合いでは、お腹一杯にならんけど
父親として、家族のお腹を先に一杯に満たしてあげたら
みんな「気合い入れて」動けるがな(笑)。
意味わかるよなぁ、
考え方の順番を間違えやんように(笑)

また、会おうぜ!


それにしても、きょうは、朝一で黒松内を出てから、
振り返ると、びっくりするほど、
あちこちの地区の人と出会って、しゃべった気がする。

あんぽんたんや(笑)。
こんな、あんぽんたんな僕を待っててくれて、
みなさん、ほんまにおおきにです。

それでは (^O^)/

おっ! 流れ星や☆☆☆☆☆