悩むなと言われても、悩むのが人である。だからといって・・・☆

  • 2011/10/30(日) 11:40:18

☆ ☆ ☆






きのうは 指宿から 8時半かけ、一気にトゥディちゃんを飛ばし岡山までいった(笑)。

我ながら ただの あほやなぁと思った。

でも まぁ、悩んでも行くしかしゃあないし☆。

僕は、こういうとき、そう思えるのだが、
悩めるお母さんたちは そうはいかない。

人たればこそ、悩みがやってくる。
悩みを抱えていても、
悩みがすっきり解消しても、
悩みは、やってくる。

だからといって、悩み、悩み続けることが
悩みを解消してきれるわけではないし
悩み続けていると
顔が普通にしてても悩み変形したり
頭に 負荷をかける 負の想像の連鎖をするし
悩みながらも、体を動かしているあいだに
悩みをよそに、おいておけるスポーツをする機会も 自ら 減らし 体を動かさなくなるし
それが 心に いいわけない、ということにも気がつかなかったりする。

でも わが子に 絵本を読んであげているうちは
字を読むことに集中してしまうため

その1冊を読んであげるあいだ
悩みを 自然に、いったん 頭と体以外の別のところにおいておける。

この効力が 悩み多きお母さんの頭、体、心にいいんだなぁ これが。

わが子に 読む気さえおきないほど 悩んでいるってお母さんは
わが子に読む気が始めからないから 読まないだけ。
悩んでいるお母さんほど、わが子を愛おしいと 思って、ちゃんと読んでみたらいい。
1冊 読み終えたあとに

「あらっ!ほんとだ、ちょっとだけ、絵本を読む前と、読んだあとと、頭の思考回路が、ちがう」って感覚があるはず。

悩んでしんどいときに 絵本をわが子に読んであげてくださいな。

必ず 頭、体、心に
絵本の効力を 味わうことができると思いますから・・・・・・


岡山の とっとちゃん、
スタッフのみなさん、おつかれさまでした。

大爆笑のあと
最後に読ませてもらった絵本で、
みんなえらい、目をうるませてたやろ、

あれは、まだ、わが子を愛おしいと思える母ごころが残ってた証拠やから
まぁ、あせらず、子どもたちと
お母さんたちのバランスをとってあげてくださいな。

キーワードは
「やってらりひんわぁー」や(爆笑)

ほなな、とっと、おまえが悩んでどないすんねん、
オレ、8時半もかけてやってきてんのに
オレが一番、
やってらりひんわぁーやわ(笑)

ほなな おおきに(^O^)/