壱岐の島は、さらにみっつの島がある。そこには 福の神に守られている子どもたちがいた!

  • 2011/05/31(火) 04:42:18



☆ ☆ ☆




朝9時30分より盈科小学校の全校生徒のみなさんと、読あそび☆

1年生から6年年生まで

オ~ッス、ウィ~ス、チャ~ス、トゥーッス(笑)の4連発!

のっけからはじけまくり。

目、声、体を、すべて 使って
笑う 聞く 動く が できる子どもたちのたば☆

やっぱ ガキんちょは こうでなきゃあ(笑)

いや、子どもたちだけじゃない
校長先生も、先生たちも、うしろに来ていたお母さんたちも
みんな はじけまくり。

ここには 気心しれた 何ものにも代え難い素晴らしい環境がある。

これこそ、宝物☆

笑って集中してパっとはじけたら一瞬で70分。

もぅ最高!

心からみんなに、

ありがとうございました
とお礼をいい、

すぐ郷ノ浦港へ。

am11時発の船に乗るためである。

港に着くと 一艘のポンポン船が(笑)(パシャ)。

これには 原島(はるしま)、長島、大島の 学校給食が乗っている。

このみっつの島を指して三島という。

台風が去った波はベタなぎ、
青い空、
海原をはしるポンポン船、
もぅ、死んでもかまわん、
たまらん最高ぉ~~じゃあ~と吠えまくり(笑)

で、はる島の港で分校に通う子どもたちと先生数名、
次に長島の港で分校に通う子どもたちと先生数名、
最後に、本校がある大島に、給食とともに上陸(笑)

わ~い。

しばらく 大島ぜいたく散歩

気持ちよすぎぃ~

pm1時30分より本校 三島小学校で
3校合同 読あそび開始。

目が輝いてて

きょうのキラキラの光の波みたいな 子どもたち。

たのむ、そんなキラキラの目で
こんなヨゴレのおっさんを見ないでけれ、
溶けてしまうって感じ(笑)。

この機会に子どもたちに、
俗社会でヨゴレまくった おっさんの心を洗濯してもらいがてら

1冊、1冊、魂を洗ってもらいながら読ませていただいた。

くぅ~~~この子たちはなんじゃ

笑顔の照射がスゴすぎる、
これをホントの
「笑射」
というんやろなぁ。

この光は 間違いなく
このへんの海を守っている福の神の光と同じやと思う。

とうとう、僕に、お迎えが きたんやなぁ~って思いたら
極みの至福の時間、
なっ、なななんと、約120分が一瞬で終了となった。

この三島とかいて、まったりとよむ島に、
時間に終われる感覚はないというのに(笑)

最後に
ひでちか
ソフトボールくん
ショートくん
やんちゃ娘の
しおり、まお、ななみ
そして、みんなぁ、
それぞれのほまれたかき個性ある夢を大事になぁーーーぁっ☆☆☆☆☆☆☆☆

ほんとに みなさん、

天国を味あわせていただき

ありがとうございました。(パシャ)

まくら投げが大好きなおっさんより(^O^)/