FC2ブログ

わが子は、母親が望む期待にこたえようとは、いつも思っている。でも そこで こたえられないのが子ども!

  • 2011/04/28(木) 03:58:28

☆ ☆ ☆




母親の比較評価観が ますます増加して止まらない。

わが子が 前のテストの点数と どれだけあがっているか

わが子が よその子より どれだけ 賢いか

わが子の成績が どれだけ伸びたか

まだ 新指導要領が実施されて 土日を除けば
2週間ちょっとしかたっていないのに

きのうより きょう

先週より 今週

先月より 今月

1学期より 2学期と、

母親の期待の強さ、
望むものの多さ、
思いの深さは 日に日に増すばかり。

今年度の小学生は 新学期早々すでに押しつぶされそうである。

子どもたちは
新年度前から母親に言われたこと
期待されたこと
毎日毎日、自分に 何を望んできているのか 整理がつかないほど、
次から次に 望みを告げられることで、

ノイローゼぎみ。

そのノイローゼぎみの状態から
なんとか 一つでも達成し
お母さんに喜んでもらおうと
小さな頭をフル稼働させ必死にがんばっている。
ところが、一つクリアーすると
お母さんは ちょっとだけ喜んでくれるのだが
さらなるレベルの高さを要求を される。

近々、世の中には
クタクタな小学生ばかりを見ることになるのかなぁ。


いややなぁ、そんなん。

ほんまに………。


鶴のおっさんでした。