☆今の世は、プチ評論家的評価視点ばかりで、みんなでせっかくの子どもたちの発想をくめなくなってる!

  • 2010/11/30(火) 00:16:21

☆ ☆ ☆




きょうは

午前中に、不登校の子どもたちの将来に少しでも道がひらけないか
日々、奔走する方の集まりで
おはなしさせていただいた。

その際、道を切りひらいてきた偉人を例にとり
その偉人が育つまでの世の中がどんな状態だったか、おもしろおかしく言魂を飛ばさせていただいた。

最後に、偉人はみな、人生の待機期間に、ドラマが起こっている。で、あるならば、不登校の子どもたちに、ハっと気がつくドラマが起きやすい、世の中になれば、
道を開くから、

♪自らの足で
自らの思いを胸に
自ら、その世の中に飛びこみ
周りに何を言われようが
自らの手で、道や時代を切り拓(ひら)く!

と、締めの言葉を置いてきた。

関係者のみなさん、大笑いで聞いてくださり
ありがとうございました。

みなさんのその笑い声が
子どもたちの心の門を開きやすくすると思うので
どうか、その笑い声を大事にしてくださいませ(笑)。


で、そのあとある大学の先生と
おいしいコーヒーを飲ませてもらいに、
先生のお気に入り喫茶店へ連れてってもらった。

それでおいしいコーヒーをいただきながら
あっという間に4時間ぐらい語り合ってしまった(笑)。

そのときのおはなしで、僕が先生に訊いてみた。
「H先生、今はどこにいっても、どの道を子どもたちが歩んでも
評論家的評価視点を持つ大人と鉢合わせる機会が多くなってしまったと思うねんけど?
だから、時代を切り開く発想をしても、スグそんな大人の評価を受けたり、大人の白い目を気にして、つぶされていってるようになったなぁと、思うねんけど、H先生は、どない見てる?」と。

するとH先生がこぼされた。

「あの点が良くない

あの点は まぁまぁかな

あの点を 変えればいいのに

あの点は 直さなければならない

あの点は 努力が必要だね

あの点が あるから救われるけど なければ終わりだな

などなど、子どもたちが言う気が失せるセリフを吐く大人には、今の子どもたちは近寄らないから、しっかりしてると思う。
だけど、いつまでも、それじゃ、クスぶってしまう。
そして彼らが大人になったとき、彼らもまた、人を評価できるほど立派に生きているわけじゃないのに
他人(ひと)の評価するときは
その人のことを良く知りもしないで
特に悪い点なら 次から次に 口から飛び出す大人にならないかが心配と言えば心配かな。でも、それもしかたないかぁ、あはははっ(笑)。
きょうの、あきひろくんのおはなしは、すべて体験談だから
あきひろくんがやってしまったことを
自分で評論家的評価視点で話すから
腹を抱えてわらってしまったね。
つまり、リアリティがあるから、絵が浮かぶんだなぁ。だから笑ってしまう(笑)」と。

すぐ僕は、
「僕のは、ガキのころから、この時代にさからってばっかりやから、常識人の方からすれば、ただあの子、何わるさしてるのっていう恥ずかしい行いばっかりです。したらあかんって言われることを、何でやったらあかんのやろ?1回やってみなわからんやん!?って思ってやると、大人が言うてた通りのことが僕の身に起こって、だから、今でもその数々の恥ずかしいことは、ちょっと考えればわかるもんを考えもせんとやったことって言うた方がいいけど(笑)、その考えんと動いたことがよぅさんあるおかげで恥ネタにはことかきません(笑)」 と言ったら

でも 先生はいった。

「子どもたちに、あきひろくんのそれが伝染してほしいょ。
その、考えるよりまず動いてみるってやつ。
今の 子どもたちは ちっとも動かず、
プチ評論家的評価視点を持って、すでに
大人や親や 現場の先生のやることを バカにしてる。
だから現場で、とても 困るようなことが あちこちで 起こるようになってしまった」と。

僕の心に、グっとくるほど、ほんまやなぁ、と思った。

子どもたちは 常に 大人の一挙手一投足を見ているのは わかるが

大人たちのこんな 評論家的評価視点など真似しなくて良かったのに
こんなところまで 吸収してしまっているんだ と 先生と おはなしして思った。

僕は思った。
これからも恥ネタを恥ずかしいけど聞かせあげよって。

みなさん方は
子どもたちには できるだけ
思い出ばなしなどの体験談を おはなししてあげてくださいな。

僕の体験からすると
テレビでやっていたおはなしより

お父さんの小さいころのドジなおはなし、
お母さんが おちゃめなイタズラをしたおはなしは

ナイス笑顔で喜んで聞くはずやから(笑)。

ほんで、頭を、かきながら
「あれは 今 思い出しても恥ずかしいなぁ」っていいながら話してあげると もっと効果的です(笑)。

グっとくるおはなしの数々、H先生、ほんまにありがとうございましたぁ~。


僕のヤカラな心に グっとくるリアリティのあるおはなしで 心がギンギンに満ちたヤカラなおっさん0001(^O^)/でした。

あっ、熊本、鹿児島のみなさん、とれたての、うめぇーおはなしを引っさげて あと数日で襲いに行くので
避難されるなら 今のうちでっせ。がはははぁ~(笑)。

もし逃げるなら、12月3日までに 逃げてくださいね(笑)

あっ、恵子先生は用事があるので逃げないように☆
ほな(^O^)/