FC2ブログ

それは、選んで決め ただけ ・・・☆☆☆

  • 2020/01/27(月) 01:35:11

決断力の遅い人は、

小さいころから、周りの人を見て、

正解の方に、ついてきた人が多い。

裏を返せば、間違いを冒す側には、いかないようにしてるだけの行為や、行動をとってきた、といえる。

そのツケが、社会の荒波に出て、

個人個人で判断し、決断していかなければならない局面に立たされたとき、
メンタル的に、一人前の域に達していないため、

ネットで、正解を探し、ググりたくる。

ググりたくって、「これだ!」と思ったものに 飛びついて、

上手くいかない目に遭う。

そりゃ、そうだ、自分で決めたのは、ググって、これだ!と思ったのを選んだだけ。

そう、選んだだけで、決断をしたわけではないので、失敗しやすいのである。

この時代、選んで決めたことを「決断した」と思っていると、
失敗するのは、当然である。

決断とは、自分だけが決意して続けてきたことを、
よく見つめ、このまま、この修行を続けていくか、
この修行をやめ、新たな修行を1から始めるか、

自分がしてきたことを、 
自分が、どちらにするか 一つを決め、
もぅ一つの方は断つことを決めることを、
「決断」というのである。

決断力のある者は、いったん決断したら 結果がどうあれ、ある種の肝をすえている。

肝もすえず、選び決めたことを、「決断した」と解釈していると、大やけどを おってもしかたない。

きょうの冬の星は、チカチカ、キラキラと 訓えてくれた。

それにしても チカチカ、キラキラ、キレイな星である。

子どもたちの未来(あした)も キラキラで あってほしいものである。


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 27 は…  (^∀^)

☆聖女アンジェラ・メリチ

この聖人は、女子修道会「ウルスラ会」の創始者
◯属性:十字架、ロザリオ、ユリ、修道会会則書  
(この聖人が守護する対象:家庭教育、女子教育、女子大教員、女子中・高教員)
(この聖人のゆかり:ウルスラ会では「社会の無秩序は、家族の無秩序から始まる」という考えのもとに、家庭教育を重視した)                    
  

Rエネルギー ・・・☆☆☆

  • 2020/01/26(日) 01:46:02

ちょっとしたことで、人に喜んでもらえると、

こっちまで、「嬉しくなる」エネルギーをもらえる。 

また、ちょっとした知識なのに、活用の幅が広いと「嬉しくなる」ため、それが、また、次なるパワーにつながる。

こういうエネルギーのことを 仮に Rエネルギーと 呼ぶとすると、

このRエネルギー、

思いだすだけでも、また、Rエネルギーを再燃でき、
「明るきGOODパワー」を得られる。

ここんところ、細胞学のほうの学びで、

身体のエネルギー体、こころのエネルギー体、

身体のエネルギー感覚、こころのエネルギー感覚について、
わからないところを調べていると、

調べながら、少し横道に脱線するときがあるのだが、
この横道学習のときに、
へぇーとか、マジかと思うような プチ知識を得るのだが、

この学びで、けっこう「嬉しくなる」エネルギーをいただいている(笑)。

飲食エネルギーの供給をしないと人間は生きていけないのだが、

それ以外に、人は、こころが満ちることにつながる、エネルギー体の供給を受けても、

まるっと、1日 飲まず食わずでも、平気で活動できたりする地球上最強の高等動物なのである。

たとえば、一生に1度あるか、ないかの約束をしたりするだけで、
楽しみで、ワクワクして、
人は、飲まず食わず、さらに、眠りが浅くなっても、
パフォーマンスが落ちないだけの Rエネルギー体を 受けている。

本年は、この「嬉しくなる」Rエネルギー体を 
ねずみサイズの小さい知識からでも、
夕焼けや、月夜や、一杯のコーヒーからでも、得まくって、

旅をするときのエネルギーにつなげたいと思う。

みなさんも、自分なりの Rエネルギー体を 求めてくださいな。 


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 26 は…  (^∀^)

☆聖女パウラ

この聖人は、寡婦になった悲しみから信仰に目覚めたローマの婦人
◯属性:ウルガタ聖書、ひょうたん、ペン  
(この聖人が守護する対象:未亡人、秘書)
(この聖人のゆかり:パリ北部・サンスの大聖堂。全財産を使って、人々のために男女の修道院、巡礼者宿泊所、学校などを建てた)                    
  

自己エネルギーの燃費 を思案 ・・・☆☆☆

  • 2020/01/25(土) 01:32:06

気が合う人
肌が合う人
なんか惹かれる人
好きな人などと、一緒にいると、

なんか自分に「いい感じのエネルギー」的なものをもらえる。

もらえなくとも、こちらのエネルギーを 取られたり、減らされるようなことはない。

だが、今、朝から、自らのエネルギーの大半を取られる感覚、減らされる感覚を持つ、昭和世代が、どんどん増えている。

人のもつ感覚は、だいたい60才ぐらいまで、
さまざまな方向に、触手の感覚を伸ばす。
 
健康な感覚を持っている人が、
1日中 スマホや、パソコンから、簡単に情報を得ていると、
その感覚に慣れてしまい、
自分の感覚の中で、スマホ・パソコン感覚だけが特化していき、
その感覚が当たり前になっている人ほど、

生身の人と、テーブルをはさみ、30分話しするだけで、

自分のエネルギーが取られる感覚、
自分のエネルギーが減らされる感覚がある、ようになっていく。

そのため、人と直接会話すると、30分ぐらいで、かなりつかれた状態になる。

でも バーチャル・キャラの自分を通しての世界だと、エネルギーが取られたり、減ることはなく、普通に人間らしい会話ができる。(これをバーチャル世代という)

まだ世には、直接会って 直接ものをいう方が早いと、思ってしまう「昭和世代の感覚」が多分に残っているが、
その人たちほど、

(バーチャル世代感覚)の者に、
「おまえ、何べんも同じような失敗してんじゃねぇ!
泣いてる場合じゃねぇんだ、まず、すぐ、動け!
すぐ、直すんだ!
なにやってんだ、聞いてんのか、早くしろー!」っていうたびに、

「昭和世代の感覚」だと、こちらのエネルギーが、一気に取られ、一気に減らされる感覚がある。

しばらくして当の本人を見ると、
さっきまで泣いていたのに、ケロっとして休憩を取ってたりする(笑)。

それをみて
休憩なんか、取ってねぇで、おまえは、さっきのミスを取り返しやがれ!と思い、また、エネルギーが減る(笑)。

バーチャル世代に、エネルギーを取られない、減らされないようにするために、
「一人前にさせよう」として指導するのではなく、
小学校3、4年の子に、これできるかなぁ?程度の、
「お手伝い」をさせるような、指示を出し、

そのお手伝い的仕事が できればOKで、
できなくとも、「お手伝い程度の失敗やミス」なら、
今までのような、エネルギーの取られ方、減らされ方をすることはない(笑)。  

ちなみに 対する バーチャル世代側は、 
パッとこたえがでないもの、
そうなっていると言われてきたものが違ったりするなど、
役に立つことを教えてくれない、
ただ、えらっそうだと、
イラっとしたり、チェッと舌打ちがでたり、
そんな小さなことでってことでも、エネルギーが減る感覚をもつ。

昭和世代は、パッとこたえがでなくても平気。
人生では、なかなか すっきりしたこたえになんか、いきつかないことを、肌が知ってる感覚があるため、エネルギーは減らない(笑)。 

若者と接することで、エネルギーが取られたり、減らされる感覚をもつ、昭和世代、

または、
「あいつに、いったい どういえばわかるんだ?」と、しょっ中思う若者と、同じ場にいる昭和世代のおっさん、おばさんは、 

これからの時代、自らの1日のエネルギーの燃費を考えて、
若者と接しなければ、間違いなく、病むからね(笑) 

それを防ぐのは、あそび感覚がいるが、まじめな性格の人ほど、
あそべないから、燃費が、のびにくいだろうなぁ(笑)


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 25 は…  (^∀^)

☆聖パウロ(の回心記念日)

この聖人は、キリスト教の礎を築いた最大の指導者。
◯属性:書物、剣  
(この聖人が守護する対象:天幕職人、縄編み職人、織物業者、
絨毯職人)
(この聖人のゆかり:キリスト教徒を迫害するためダマスコに向かっている途中、突然、天からの光に打たれ落馬し、そのとき「パウロ、なぜ私を迫害するのか」という主キリストの声を聞き、盲目となり、自らの暗黒と出会い回心した)                    
  

書きこみ ありがと うございます ☆☆☆

  • 2020/01/25(土) 01:08:12

☆☆☆☆☆☆

まめぞう

書き込み おおきに。

肝心なときに、言葉がでない、

あの「恐怖」を味わったとは、いい体験したね。

これから、
言葉への扱い、
一つの単語のチォイス、
響きの良い日本語に、
美しい言葉、
気持ち言葉に、感心を持つだけで、

次なる肝心なとき、
言葉の方が、ノドを通って、

ピッタリの言葉を 朝日の光のように放ってくれることでしょう。

貴重な失敗は、自分を成長させてくれるもんよ(^-^)


Good luck (^.^)

「錦」の存続 ・・・☆☆☆

  • 2020/01/24(金) 04:44:03

ググるという言葉は 10年前は、使われていない。

でも、今は、  
ググることを 起きて すぐ! から、寝る前まで! 当たり前にやる人が増えた。

ググるを、キレイな日本語、美しい日本語に、丁寧に 言い直すと、
どんな言葉がいいだろうか。

携帯で お調べあそばせ とか(笑)

電子ツールなるものの中にあろう 情報の銀行から、
お知りになりたい情報を、おろしていただければ とか(笑)

この手持ちのコンピューターは、目には見えない どんなこともわかる図書館につながっていて、知りたいことの名称やキーワードを入れて検索していただければ、瞬時に 詳細を手にすることができるでしょう とか(笑)
 
キレイに美しく丁寧な日本語に直すと、

とにかく、長くなる(笑)。

でもね、そこなんだよね。

長くなっても、キレイに美しく丁寧に、
自ら 解釈してみたり、
相手様に、キレイに美しく丁寧に、お伝えしようとする、その心の姿勢が

日本人の美しき心の在り方を、「錦(にしき)」として存続させてきたのである。

略語が、生まれれば 生まれるほど 

日本人の心から、「錦」が、消えていく。 
 
「錦」が、自分の心から消えていくことは、

ご先祖さまや、親から、受け継いだ 「心のあたたかさ」や「あったかい気持ち」を失っていくということ。

それは とても 哀しいことでもあり 

とても 恐いことでもある、ということ。  


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 24 は…  (^∀^)

☆聖フランソワ・ド・サール

この聖人は、類いまれなる優しさをもつ法学者であり、心理学者でありヒューマニストだった。
◯属性:なし  
(この聖人が守護する対象:著述家、ジャーナリスト、出版人)
(この聖人のゆかり:説教だけでは多くの人に語りかけられないと、「信心生活入門」や「親愛論」などフランス文学の傑作といわれる書を残した)                    
  

令和用の「真面目」を き ちんと考える ・・・☆☆☆

  • 2020/01/23(木) 01:38:08

我が子に 真面目を 求める お母さんが、当たり前のようにいる。

でも、真面目なお母さんが、当たり前のようにいるかと ん?となる。

真面目なことは、イイことだと、言わんばかりに、
子どもに刷り込むように、ものをいう大人の多くは、

ほんとに、真面目なことは、イイことだと、思って、

真面目に生きていない。

なのに、子どもたちには、真面目はイイことだと、言わんばかりに、ものいう大人ばかり。

子どもたちは、真面目なことは、イイことなんだろうな、と

だんだん刷り込まれていく。

それって、ほんとに、真面目に、子どもたちのことを考えた刷り込みなのかな。

そんなわけない。

子ども時代は、真面目にしなさいと言われても、

真面目になかんか、なかなかできない、

むしろ、不真面目なほうが、楽しいんだもんってぐらいの子のほうが、

のちに、ほんとの、真面目な感覚を宿した大人になるだろう。 

令和時代は、すでに、

「真面目」さえ、きちんと、考えないといけない時代になってきているのである。


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 23 は…  (^∀^)

☆聖ヨハネ

この聖人は、50才をすぎて、キリストの慈善に目覚め、慈善に努めた大司教
◯属性:オリーブの冠  
(この聖人が守護する対象:病院関係者、貧者、慈善家)
(この聖人のゆかり:貧しき者たちを、「私の主」と呼び、たくさんの貧しき人たちを救った)                    
  

自らを「成長」させう る要素 ・・・☆☆☆

  • 2020/01/22(水) 08:02:08

自ら、
自らの成長を、感じられるのは、

過去に同じようなことがあって、そのとき、失敗したが、

今回は、
ここの用心深さがあったからとか、
あれから、多少は無鉄砲をしなくなったからとか、
たくさんの経験を積んだからとか、
あのときは、まだ、ガキすぎてわかってなかったからとか、
ただ、年をくって、うまくいくほうの勘を養えたからとか、

または、ただ、常に 努力してきたからとか、

自分で、自分を、

「オレも、ちょっとは、成長できたかな」って計れたとき、

まだまだ、成長していなかったときのレベルを知ることになる。

その当時のガキレベルを、100のうち、10ぐらいのレベルだったとすると、

今は、100のうち、50ぐらいは、来ただろうと、アタリをつける。

このアタリをつけた、今の自分でさえ、

1年後

同じレベルにするのも 自分、

2でも、3でもあげて、52、53にするのも 自分。

そうなると、自分を、成長させてくれるものは、自分って
「思いこむ」おそれが、多分にある。

でも、自分を成長させてくれる要素は、自分以外に、

常に、自然、時間、タイミング、縁、巡り合わせ、
無欲、無意識の流れのなかで、

1枚の絵、1冊の本、1本の映画など、

感性と 感受性の意識が、ほどよく開いている状態にあるなど、

自分が、気がついていない要素が 多分に含まれ、

「成長」は、うながされるものなのである。



ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 22 は…  (^∀^)

☆聖ヴィケンティウス

この聖人は、もっとも過酷な拷問に耐えたスペインの殉教者
◯属性:カラス、焼き網、たいまつ、鉄板、ガラスの破片、石臼  
(この聖人が守護する対象:ブドウ栽培業者、ワイン商人、陶工、レンガ職人、水夫)
(この聖人のゆかり:拷問のとき四肢を引っ張られ、鉄の爪で切り裂かれ、熱した鉄板にのせられ、それでも死ななかったので最後はガラスの破片を敷き詰めた牢獄に投げ込まれ殉教した。そのあと天使の歌が聞こえ、天に召されたという遺体を野獣に食べさせようとしたが、カラスが遺体を守った。)                    
  

公園に映える枯れ 木 ・・・☆☆☆

  • 2020/01/21(火) 00:56:08

青空の「青」の度合い、1~5のランクで、本日は、5度のキレイな青。

太陽を背に、キレイな青の広がる 青空を、見ていると、

心に「青」が移る。

きょうは、二十四節季の 大寒だった。

本来、大寒は、冬期で、最も寒い時期に迎え、

このとき、剣の道に歩む者は、

むちゃくちゃ寒いなか、寒稽古を始めた。

そんなことを思いながら、

ちっちゃな公園のパイプベンチに座り、

空の「青」を 心に移していると、

公園わきに立つ、枯れ木立が、

青に、映えて 

葉を1枚も、つけていない木というより

キレイな 聖樹の彫刻のようだった。


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 21 は…  (^∀^)

☆聖女アグネス

この聖人は、あまりの美しさに棄教を迫られたローマの処女殉教者
◯属性: 子羊 
(この聖人が守護する対象:少女、婚約カップル、庭師)
(この聖人のゆかり:求婚者から逆恨みされ、キリスト教徒と告発され、鉄の爪を始まとする数々の拷問にかけられたが屈することなく、火あぶりのすえノドを貫かれ天に召された)                    
  

書きこみ ありがと うございます ☆☆☆

  • 2020/01/20(月) 10:28:02

☆☆☆☆☆☆

長野しん ちゃん

書き込み おおきに。

中段突きで、脇があまいのは、

開足中段からの、振り子突きを、

ちゃんと突ききってないからやね。



Good luck (^.^)

未来の自分のために、この一 年、修行する ・・・☆☆☆

  • 2020/01/20(月) 08:31:08

お母さんのなかには、

我が子を 叱っても 何度 叱っても やっぱり 我が子が 好きでほっとけないタイプや

我が子に、ちゃんとしてほしいからと、叱ってばかりいるけど、
いつの間にか、本気で、我が子を嫌ってしまうタイプや

我が子には、なにがあっても 怒らないと決めて、ほんとにその通り 育てるタイプと、

途中で、数回、怒ったけど、それ以外は、怒らなかったタイプと、
 
いつも我が子のためになるようなことを決めるけど、決めただけで、
なにも、変わらず怒ってばかりのタイプと、

我が子に、一切要求することなく、我が子ファーストが、いい感じの親子関係を築けたタイプと、

我が子に、強いるだけ強いったのに、我が子から ありがたがられるタイプと、

我が子の良かれをと思ってしたことが、我が子から ボロかす言われてしまうタイプと、

わたしに、なにがあろうと、我が子が、地に足をしっかりつけて、
世をわたっていってほしい、この一点だけを願い、
常に、我が子といるときは、明るく笑っていたいと思い
実際、ここまで、それができているタイプなど

いろいろおりますが、お母さんのみなさん、

あなたも、この、干支始まりのネズミ年に、
我が子には、こういう母で、あってあげたい、
そんな 母ビジョンを描き、

または、この1月中に、我が子と どんな母であってほしいか
我が子のビジョンも聞いて、

12年後、素晴らしき未来の母ビジョンに 近づけるよう、

この一年、わたしの「母ビジョン」への修行としていただければ、

今年は、ピッタリの修行の年となる。

未来へのビジョンを描き、そこを目指す修行の年にすることが、
今年の干支神様、つまり、ネズミの神様は、大喜びして
力を貸してくださります。

ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 20 は…  (^∀^)

☆聖セバスティアヌス

この聖人は、一四救難聖人のひとり
◯属性:矢、王冠 
(この聖人が守護する対象:ローマ、射手、戦士、スポーツ選手、ベストに苦しむ人、死にゆく人)
(この聖人のゆかり:レ・ソドマや、グイド・レニなどの画で、杭に縛られて体中を矢で射られた姿を描かれた)