FC2ブログ

12月の寺子屋情報♩

  • 2019/12/21(土) 14:00:00

お待ちかね♩、12月の寺子屋情報です!

2019年最後の締めは、毎年恒例の……パンパカパーン!
有馬記念予想!!!
さぁ、今年も夢を、ロマンを、○○を!

月日:12月21日(土)
集合時間:14:00
集合場所:新宿ウインズの入り口あたり

有馬記念予想後、場所を変えて寺子屋となります。

お題:
「有馬記念をゲットして、来年に、弾みをつけ、ねずみ年を、謳歌しよう」

宿題:
①12年前の2008年に、自分がどんなふうに過ごしていたかを思い出しておくこと。
・何に夢中になっていたか
・どんなことをしていたか
・やりたいと思っていたのに、保留にしてしまったこと
など
②2020年、
自分はこうなりたい!
これをクリアしたい!
自分にはこんな課題がある!
を考えてくる
のふたつです。

寺子屋代=1000円
その他=実費

【参加希望の方へのお願い】
今回、参加人数を把握したいので、
江戸寺子屋に参加をご希望の方は、
お手数をおかけしますが、12月17日までに
下記の「コメントを書く」欄に、その旨の書き込みをお願いします。

また、寺子屋に参加するにあたって、質問等がある方も、
「コメントを書く」欄にご記入いただければと思います。
よろしくお願いいたします。

[記入の仕方]
下記の「コメントを書く」を選択していただき、
続いて、「名前」欄に、
お名前 もしくは ニックネームを入力してください。
続いて、「コメント本文」欄に、
「月日 寺子屋参加」の文字と人数を書いて
「コメントを投稿する」を押してください。
その他の欄は、書いても、書かなくてもかまいません。

例)
ななしのごんべぇ
12/21寺子屋参加 2名

予定に変更があった場合はその都度お知らせしますので、
ときどきブログをのぞいてみて下さい。
当日に追加情報が書き込まれることもありますので、
お手数ですが、おでかけ前のチェックも
よろしくお願いいたします。

※江戸寺子屋の様子は、次の日のブログにアップされますので、興味のある方は、チェックしてみて下さい。
これまでの歩みは、リンクのコーナーにある
「江戸寺子屋略年譜 2008年~2017年」(オカピ作成)
「江戸寺子屋略年譜 2018年」(ももさん作成)
「江戸寺子屋略年譜 2019年」(あさみちゃん作成)
をクリックしていただけると、ご覧になれます。
ときどきクリックして、お楽しみください。

四十九日が、天晴の良き日 に、恵まれた・・・☆☆☆

  • 2019/12/16(月) 02:58:02

きょうは、天 全体が、1日「青」のグラデーションが、見れた 快晴。

そんな快晴の大安吉日に、おばの四十九日の法事を、執り行えた。

一族みなで、より、阿弥陀如来様のもとへ、向かっていただけるよう、

和尚さんと一緒に、お経を あげさせていただいた。

四十九日のお経は、大事な節目のお経だけあって、
いつも、より長い お経だったが、無事、務めあげることができた。

夕方の夕焼けを見たとき、

おばの声で

「あっちゃん、無事、この あかね色の光に乗れたからねぇ」と、

西方浄土から届く、如来様の光が、いつもより、赤みがかった色に感じた。

夜、和尚さんが、おばに、つけてくれた法名を、まじまじとみながら、

親鸞聖人が残してくれた、正信偈(しょうしんげ)の中の、

意味の深い、念仏単語を、つけてくれたことに気がついた。

いい、法名を、つけてもらって、ほんとによかったね、
や◯ちゃん。

向こうで、おじいちゃん、おやじ、く◯ちゃん、ふぅー子さんに、
よろしゅうに。

合掌


無量寿如来も、南無不可思議光も、阿弥陀様の別称だが、

その名を称(とな)えるだけで、
「真実の依りどころに立たせていただく」との意味があるのである ・・・ (^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ マナヅル(2回目)  吉鳥ことば・・・よりどころ                         
  

書きこみ ありがと うございます ☆☆☆

  • 2019/12/16(月) 02:10:03

☆☆☆☆☆☆

でたな、山ん娘いくーっ、元気そうやんけぇ。

書き込み おおきに(笑)。

まぁ、いくの場合、

来年、干支神様の、ねずみ様に、

ほんまに、普段から、つつまししとらんと、

邪気が、ねずみ算的に、増えるからなぁ(笑)

ちょっとしたことで カチンときたり、イラッとしてると、

なんで、こんなことになるんやろってなるから、

いくは、来年「毎日 おおらか」が、問われるわぃ(笑)。

特に、異性の相手には・・・(笑)

意中の人がいるんなら、

来年だけは、「はい」って素直に言えるか、言えやんかで、

ねずみの歳神様が、「福」をおろすか、「邪気」をおろすか、

遠慮なく、ジャッジするやろな。

まぁ、わかりやすくいうと、いくの「女ごころ」を

まちがいなく、修行する年になるわぃ(笑)

だから、いくは、年明けたら、もぅ、ドM的な、

ニュータイプのいくを 目指すしかないかな(笑)

そうすりゃ、ねずみ様が、

「おっ、今年は、なかなか、つつましい心の姿勢みせよるなぁ。
よっしゃ、ほな、しゃあない、「福」のワッペン張ったるか」てなもんで、

「福」に、恵まれだすわぃ。

さてさて、山ん娘いくが、どないするか、

それは、いく次第じゃ。

また、帰りの飛行機の上から、

富士山に おわす、ハナサクコノヤヒメに、

「来年、ほんまに、良き年になりますよう、ハナサクコノヤヒメ様から、歳神様に、よろしゅうお伝えくださいませ」って、

しっかり、お願いしとくとええ。


ほな、年末年始、かぜひかんようになぁ ☆☆☆(^-^)


Good luck (^.^)

光に、もてあそばれた ような ・・・☆☆☆

  • 2019/12/15(日) 04:59:08

きょうは、青空の「青」から降りてくる、
澄んだ空気が、めちゃくちゃうめぇ、晴れ。

徹夜で、新東名を走っていると、十六夜の月が、

フロントガラスの真ん中で、ぴかーん と、

「キレイな光でしょ」っていわんばかりに、

雲ひとつない西空の夜空に、輝いていた。

目的地に着き、車のリクライニングを倒すと、そのまま落ちた。

で、若僧が乗る、原チャリの改造マフラーのかん高い音で、目が覚めた。

が、目の前に、太平洋が広がり、べた凪の水面に、朝日が、

キラキラ光る 光りの道を敷いていた。

贅沢なモーニング!と思いながら、至福の一服。

もひとつ おまけに一服(笑)。

そして、こんなおっさんを、首をながくして待ってくれている、

といっても、義理ごとでもあったが、顔を出し、

みんなに、少しでも、「あぁ、こんな風に考えれば、余計の心配をしなくてすんだのかぁ」と、気がついてもらえるよう、

いくつかの小咄をして、たっぷり笑っていただいた。

その帰り道、スカイラインから、見える、夕焼けが、

これまた、最高! 当然、至福の一服(笑)。

さらに、山道を抜け、まわりが、たんぼだらけの農道に入ると、

赤みがかった、月が、ぽっかり浮かんでいて、

ファンタジーの気分。

きょうは、1日、ずーと、人間界にいた気がしなかった。

まるで、朝から晩まで、月→太陽→月と つながる、
光りの世界に、入っていたような・・・

とても、不思議な感覚に包まれた 日となった。


光に、好まれると、いろんな明光に出くわす ・・・ (^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ シロハラクイナ(2回目)  吉鳥ことば・・・明朗                         
  

すす祓いの大儀に ちなみ、おっさんも 、心して、おおそ うじ ・・・☆☆☆

  • 2019/12/14(土) 05:35:11

きょうは、ぐっと冷える、晴れたり、くもったりの天気となった。

そんななか、

きょうは、すす祓いの大儀の日。

各地の社寺仏閣では、すす払いが、ニュースで取り上げられたことだろう。

そんなすす払いの日、一年のお礼をこめ、

我が事務所のおおそうじ。

貴重な本を、特殊な布でふき、配置をかえ、

倉庫送りの本を、大量の段ボール箱につめ、

棚ふき、窓ふき、床ふき、さんぶち、すみっこ、裏側まで、

玄関、トイレ、シンクタンクなど、

日がおぼる前から、日がしずんで、十六夜の輝きに反して かなり冷えを感じるまで、

「ありがとうございました。来年も、よろしくお願いいたします」と、

心をこめ、すべての部屋神さまに触れ、おおそうじを、無事、終えることができた。

これで、干支始まりのねずみの神様、福の神様に、来ていただける準備が整った。

もし、まだ、おおそうじをしていない方は

この日曜日、15日の大安吉日に、近所の神社にお詣りにいき、
「今から、次の大安吉日まで、大掃除の儀をさせていただき、浄めますので、見守ってください」と、心で念じ、

きっちり、その期間中に、大掃除をおえ、

次の大安吉日(21日・土)に、また神社にいき、
「無事、大掃除の儀を終えることができました。お力添えありがとうございました。来年の歳神様に、どうか、うちに来ていただけるよう、よろしくお伝えください」と、お礼詣りにいけば、ギリギリセーフです◎

あとは、28日に、しめ縄を飾り、かがみもちも飾り、

30日に、リビングだけ、軽く掃除機をあて、

おおみそか、そして、新年元旦を、家族みんな笑顔で過ごしてくださいな☆☆☆


すす払い、おおそうじは、一年の心のすすを払い、心をおおそうじし、「師走=しわす=死我す(我れをなくす)」から、「生走=おわす=生我す(我れを生かす)」に、つなげる清掃儀式と云わるる ・・・ (^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ レンカク(2回目)  吉鳥ことば・・・清楚                         



☆☆☆
                  

書きこみ ありがと うございます ☆☆☆

  • 2019/12/14(土) 04:51:03

☆☆☆☆☆☆

鰹かあちゃんMちゃん

書き込み おおきに。

今、十六夜が、むちゃくちゃキレイじゃ(笑)

Mちゃんも、来年、1月2日の朝の初夢、

ええ夢みて、良き年になるかもよ。

来年は、干支神様が、十二支のなかで、

一番身体が小さい干支神様やから、

「小さいことを丁寧に」すると、小さいながらも「福」が、

ねずみ算的に、やってくるから、

たとえば、机が、ちょっと汚れてても、すぐ拭くとか、

ちょっとしたことやからと、先のばしにせず、その日中に、
ちゃんとやっておく、

そういう、ちょっとしたことをおろそかにせず、
丁寧にやることが、「福」を呼ぶからね。

Mちゃんのことやから、オレが、そっちいったときは、

また、端っこから、小1時間かけて出てくると思うけど、

それは、来年の場合、おおごとになるからね(笑)。

なんにせよ、この年末年始、あせることなく、
ゆったりかまえて、

たくさんの歳神様に、新年から、家にきてもらえるよう、
キレイにおおそうじするようにね(笑)


ほな、かぜひかんように ☆☆☆(^-^)


Good luck (^.^)

書きこみ ありがと うございます ☆☆☆

  • 2019/12/14(土) 04:24:03

☆☆☆☆☆☆

甲斐丸の かあちゃん

書き込み おおきに。

来年、1月15日に、伊勢神宮に 初詣に行く流れは、
むちゃくちゃええねぇ。

1泊2日で、人生初のきっちり伊勢詣りをするなら、

二見興玉神社で、夫婦岩の神気にあやかり、身ぎれいにして、

伊勢神宮(そ宮の正殿、風宮、多賀宮、土宮の4社)を詣り、

次に5分移動して、伊勢神宮(内宮、正殿、荒祭宮、ご祈祷)、

そのあと、おかげ横丁で、赤福ぜんざい食べて、

そのあと、内宮の参道抜けたところの猿田彦神社とアメノウズメノミコト宮(これは、芸事やから甲斐丸はしっかりお詣りするように)、

そのあと北へ車で5分、月読宮(4社)をお詣り、

さらに時間があれば、金剛證寺さんへ、数珠を手に合掌しにいき、

最後に、伊勢道を抜け、少しだけ大阪方面に向かい、
天照大神のお父さんがいる、滋賀の多賀大社にお詣りして、
山梨まで、安全運転で帰れば、

日本広しといえど、これを越える、お詣りは他にないと、
いにしえより、云われるほどの、

日、月、風(天)、土(地)、陰陽、浮き世の全方位より、
人生に、多幸がふえる良き流れを授かる、

ご利益絶大の、お伊勢の初詣となることでしょう。

ただ、時間に余裕がなくとも、お伊勢詣りに初詣をしてきたというテイを成すためには、
最低でも、外宮、内宮、猿田彦、月読宮は、お詣りするように。

なんにせよ、お伊勢の初詣をするときは、
家を出発してから、家に戻ってくるまで、
渋滞だろうが、思わぬハプニングがあろうが、
なにがあろうと、アマテラスの試しなので、
けっして怒らず、笑い流すようにね。

もし、伊勢の初詣に、
しかも、干支始まりのねずみ年に、
そして、新年早々の1月から、怒るなど、もってのほかなので、
ろくなことが起きないこと、向こう数年つづくことになるで、
なにが、あっても怒らないように。


家族みんなで、笑顔多き、おおらかな、伊勢詣りの旅を。


それでは ☆☆☆(^-^)


Good luck (^.^)

怒ったってしかたないと いう自覚 ・・・☆☆☆

  • 2019/12/13(金) 03:11:08




きょうは、春か?と思うような、あったかい 快晴。

この時期に、あったかいのは、ほんとに助かる。

信号待ちのあいだ、車のなかは、よりあったかいので、
ぽわ~んとする(笑)。

そんなあったかいなか、我が子で悩む、お母さんたちは、

このあったかさでさえ、イライラ材料の一つにしてしまう。

子どもたちは、暑けりゃ、どんどん着ているものを脱ぐ。

その脱いだものを、子どもたちは、脱いだのは覚えていても、

どこで、脱いだのか、覚えちゃいない(笑)。

汗で髪の毛が、おでこにくっついたまま、「ママ、なんかジュース飲みたい」とママに言いにいくと ママから
「あんた、上着、どこで脱いできたの?」「えっ?」
「えっ?じゃない!どこに、おいたのって、聞いてるの?」
「んー」
「もぅーっ。この暑いときに、ママをイライラさせないで!」と、
ママの声が、階段のおどり場で、エコーがかって響く。

時間がきて、お母さんたちは、我が子を、一時あずかりの託児所に我が子をみてもらい、部屋にぞくぞくと入ってきて、すまし顔。

セミナーがはじまり、
「きょうは、春みたいな気候になったねぇ。このまま異常気象が続けば、日本の真冬は、きょうぐらいの気候になるかもね。
さて、さっき、この部屋の横のソファーおいてあるとこで、座ってたら、
この師走に、こんなにおだやかなあったかい日に、
この暑いときに、ママをイライラさせないでぇーって、ほえてたお母さんがいましたが、だれ?」と聞いた。

手があがらなかったので、この人かなぁ?と思う人に近づいていって、
「あなたでしょ」といったら、口に手をあてビックリしたまま、「はぃ」と小さい声でこたえた。

そのあと、お母さんたちの、冷え性ぎみの身体のつくりと、
我が子たちの身体の性能の良さを、説きながら、

「怒ってもしかたないことで、我が子に怒っていると、我が子の脳内で、たいへんなことが起きる」ことについて、やさしく、丁寧に、
2度づつ、言魂を飛ばした。

最後に、お母さんが笑っているだけで、10才ぐらいまでの我が子の脳は、どんな発達を見せ、どんな言動が増えるか、
ある1冊の絵本のなかの男の子を指南書にして、
さらに、かみくだいて説いてさしあげ、おちーまぃ。

夜、今年最後の満月と出逢えた。

むちゃくちゃ、キレイ。月光をデザートに、至福の一服。


きょうのキーワードは
「わたしが、怒っても、わたしのストレス発散にもなりゃしない。でも、子どもの脳には、しっかりストレス分泌物が貯まる」です。

まずは「すっごぃねぇ」という練習を(笑)



怒って、人が変わるなら、人の感情に「怒」しかなかったはず。
母は、「怒」をつかわず、残りの「喜」「哀」「楽」を活かし育むべし ・・・ (^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ オナガ(2回目)  吉鳥ことば・・・楽園                         


お気に入り、おっさんのにがお絵、
本日も、お約束の三度押し(笑)。

そんたく的 応援風 追伸☆☆☆ 

きょうは、甲斐丸が、このおっさんの にがお絵を、
ステンドグラス風で、描いてきてくれたので、
このブログで、あげさせていただく。いいっしょ☆

もし、クリスマスプレゼントに、にがお絵をとか
誕生日の贈り物や、
古希を迎えた親の結婚記念日に、にがお絵をとか
プレゼントしてあげたい方、
また、この おっさんのにがお絵をみて、
いいなぁ、わたしも描いてほしいなぁと思った方のために、

特別に、にがお絵師、甲斐丸の連絡先をあげておく。
メール・アドレス
kaimaru07@icloud.com

ホームページは、{にがお絵の甲斐丸}で検索すれば、ヒットするでしょう。

アナログの真意をわかっている 甲斐丸が、手塩にかけ、
にがお絵を、仕上げてくれることでしょう☆☆☆
                  

この神様の言葉をムゲにしやがっ て、改心せぇ(笑)・・・☆☆☆

  • 2019/12/12(木) 04:31:07



きょうの、関東北部は、明るいくもりとなったり、
暗いくもりとなったり、でも、寒くない、くもりだった。

朝、佐野厄除大師により、みなさんが健康で、
この年末年始を、明るく過ごせますように、と 合掌。

少し、移動して、足利の道の駅で、ヒュウマンminiこと、
miniと待ち合わせ。
道の駅で、大手をふって待っていたらしいのだが、
気がつかず、車を停車すると、
miniの声は、するのだが、「下みて、下ぁ」と、
いけのめだかのようなことをいうので、
下をみると、ようやく、miniが目に入った(笑)。

大人の女性だが、身長が、小学校の4年生の平均身長しかないため、
すべての身体のパーツがminiサイズのため、
miniが、長野に住んでいたころ、このおっさんが、福を呼ぶよう命名。

その後、ほんとに、福を呼ぶに呼び、再婚相手が、
超大金持ちのため、
今、笑顔の絶えない、日々を送っていた。

だが、9年前、長野の会が終わり、打ち上げのあと、このおっさんが、釘刺し言葉を言った。
「mini、そのまま、明るく大声張りあげてきゃOKや。ただし、イノシシの干支〆の年に、わかるやろうけど、それまで、調子に乗るなよ。一番気をつけやなあかんのは、おまえの場合、余計な一言。それを、調子に乗って言いたくっとると、〆年に、一気に、貯まった邪気がやってくるぞ」と。

で、miniは、調子に乗り、この11月の中旬に、一挙に、大きな難が来たらしい。

そこで困って、テレビの番組に出ていた占い師さんに、予約して視てもらったら、
「あなた、過去に、助言されてるのに、その言いつけか、約束か、守らなかったでしょ」と言われ、

「助言ん?ん?ん?あぁーーーっ」と、miniの何でも忘れてしまうminiな脳みその奥の奥に、かろうじて、残っていた、

このおっさんの顔と声が、はっきりよみがえったらしい。

オレが九州遠征にいってるとは思わず、すぐ、オレに連絡をしたのだが、miniの電話番号なんざぁ、とっくに消していたので(笑)

ただのイタ電と思い、ほったらかしていたら、
Cメールで、miniです。と入っていて、

ようやく会うに至り、「心の窓」をすることになった。

場所を変え、ダメだし2時間半、来年からやること、1時間半の処方となった。

miniの脳みそが、miniのため、時間がかかってしまった(笑)


なにごとも、調子に乗るのは、一時が、丁度いい ・・・ (^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ モズ(2回目)  吉鳥ことば・・・心からの反省                         


きょうも、にがお絵つき。
そんたく的 応援風 追伸(笑) 

きょうは、甲斐丸が、このおっさんの にがお絵を、
ステンドグラス風で、描いてきてくれたので、
このブログで、あげさせていただく。いいっしょ☆

もし、クリスマスプレゼントに、にがお絵をとか
誕生日の贈り物や、
古希を迎えた親の結婚記念日に、にがお絵をとか
プレゼントしてあげたい方、
また、この おっさんのにがお絵をみて、
いいなぁ、わたしも描いてほしいなぁと思った方のために、

特別に、にがお絵師、甲斐丸の連絡先をあげておく。
メール・アドレス
kaimaru07@icloud.com

ホームページは、{にがお絵の甲斐丸}で検索すれば、ヒットするでしょう。

アナログの真意をわかっている 甲斐丸が、手塩にかけ、
にがお絵を、仕上げてくれることでしょう☆☆☆
                  

書きこみ ありがと うございます ☆☆☆

  • 2019/12/12(木) 01:32:05

☆☆☆☆☆☆

甲斐丸、甲斐丸かあちゃん

書き込み おおきに(笑)。

甲斐丸ぅ、

描いてもらったイラスト、南側のガラスに、あてかけると、

サイコー☆☆☆☆☆

おれが、くっきり、浮かびあがって、飛びだしてくんねん(笑)。

まぁ、甲斐丸の真・アナログ職人技を、味わえるわぃ。

おかやんに、来年ねずみ年に、ふんばってると、ええことあるから、

「わたし、健康なって、あちこちの神社の神様や、寺の仏様に
お礼詣りにいくねん」って、目標もつと、

ほんまに、神様、仏様が招いてくれだすから。

ちょっとしたイヤなことがあっても、

明るく、笑って、日日是好日を重ねてってやぁと。

甲斐丸は、より真・アナログ職人技を、日々、磨くように◎

ほななぁ☆☆☆(^-^)


Good luck (^.^)